本文へスキップ

静岡県の家庭教師「八転九起の会」受験結果報告

一番最初のページに戻る>メイントピック>現在地

2019年受験結果の報告

4年ぶりだよ4年ぶり。受験した生徒は全員合格しました。

 2018年度(2019年1月受験)の中学・高校・大学受験生ですが、第一志望校不合格者が出ませんでした。全員第一志望校に合格及び内部進学いたしました。

 4年ぶりの快挙と書けば書けるのですが、今年度は、

〇特別支援学校分校受験者がいないこと
〇地区のトップ校受験者がいないこと
〇そもそも無理な受験がなかったこと

この3点が主な要因であります。

 結果

 中学受験に関しては、少なくとも10年間は私立中学は当然、公立・附属中学の受験に誰も失敗しておりません。当然と言えば当然です。
 高校受験に関しては、過去5年間を振り返りますと、2年連続で分校受験に失敗した事実(合格した生徒さんもいる)とトップ校に落ちてしまった生徒さんがいることも事実です。
 大学受験生は、全員合格進学しております。有難いことです。

 最後になりますが、私たちが本当に親御さんと一緒に考えるのは、この子を学校に入学させて6年間あるいは3年間無事に過ごせるだろうか?公立に行かなくて良かったのか?児童本人は当然、家族全員がこの学校に進んで良かったと将来的に思えるのだろうか?親の名声とか欲求だけで受験させていないだろうか?色々と考えていきます。

 合格の連絡があれば、おめでとさん ぐらいは言います。責任者の私がこんな感じなのでスタッフも同様に大げさに喜んだりしないと思います。

 なぜなら責任者の私が、ご家庭は当然スタッフに対しても、ここからが本当の勝負になると考えて指導しているからです。特に私立中高一貫校は最初の3年で後の3年が決まる。最初から焦る必要はないが私立中学で大切な基本的な事柄に対して手を抜かないようにと指導しております。

 残念ながら受験で合格された生徒さん全員が全員幸せになることは絶対にありません。また私立中学受験の場合、全員が全員そろって付属高校に上がるケースは殆ど皆無です。否定できない事実なのであります。(文責)

 ですから、せめて自分たちとご縁のあった生徒だけも幸せになれるように、進学先の学校生活が豊かな環境で送れるように指導していきたいと日々、考えております。


バナースペース


県立高校受験情報

私立高校受験情報

私立中学受験情報

当会の連絡先
家庭教師八転九起の会の連絡先
お問い合わせ・相談はこちらから
 


学校教育のための非営利目的利用の許可 障害者のための非営利目的利用の許可
利用範囲は文化庁ホームページを参照ください