本文へスキップ

静岡県の家庭教師「八転九起の会」公式ページ

一番最初のページに戻る>メイントピック>現在地

ディズニーランドの怖い話

いろんなことを教えています(1)

 私ら家庭教師は神羅万象。いろいろなことを質問される。修学旅行前に必ずと言ってもよいほど聞かれるのが、ディズニーランドの怖い話をして!
 ちなみに浜松市は小学校の修学旅行でディズニーランドに行くのである。名目は「おもてなしの精神を学ぶ」んだって。アレコレいう人もいるだろうけど、難しく考えないで、子供らが楽しければいいんじゃね〜と私は思います


ほいよと調べてみた。



 本当にあったんだ!! 調べるって君ね。ただタブレット端末に「おK!グーグルなんて」言うんじゃなくて、磐田の中央図書館まで行ってね閉架図書からわざわざ、新聞の縮刷版を出してもらって調べたんだぜ。 この労力。我ながら感心してしまう。

 1時間ほど読んでいたよ。何でかって?? 時代がバブル真っ盛りなんだよ。超ウルトラハイパー好景気!!
 公団や県営団地みたいな間取りで7000万!!新聞の大半が広告なんだよ。広告。車の広告とか面白かったね。 図書館とか図書室というのは公共財というより知適財産なんだよ。

 もっと予算も増やして大切にしないとイケナイね。 朝日新聞より引用。静岡新聞はこういう全国ニュースには本当に弱いからね。 しかしながら読めば読むほど陰惨な事件だね。 せめて子供を巻き込まないで欲しかったね。南無三 1989年12月2日夕刊 

朝日新聞 タイトル 一家4人で飛び降り心中      ディズニーランドの近くのホテル      母が病気…子も「決心」

バナースペース


県立高校受験情報

私立高校受験情報

私立中学受験情報

当会の連絡先
家庭教師八転九起の会の連絡先
お問い合わせ・相談はこちらから
 

学校教育のための非営利目的利用の許可障害者のための非営利目的利用の許可
利用範囲は文化庁ホームページを参照ください